20:36 2018年11月22日
仏大統領、トランプ氏考案「戦略」を使用

仏大統領、トランプ氏考案「戦略」を使用

© AFP 2018 / Ludovic Marin
経済
短縮 URL
0 34

エマニュエル・マクロン仏大統領は、今月11日にベルギーの首都ブリュッセルで開催された北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、トランプ氏の著作「The Art of the Deal(トランプ自伝)」を読んだことを述べたうえで、同作に示されるトランプ氏の「戦略」を使用していることを明らかにした。米新興メディア「アクシオス」が22日、報じた。

スプートニク日本

同メディアによると、トランプ氏は会談中、ヨーロッパ連合(EU)各国が貿易問題をめぐる米国との交渉に応じるよう、働きかけることをマクロン氏に要請した。マクロン氏は、「脅迫」のもとでの交渉は支持しないとの考えを示し、「私は『トランプ自伝』を読んだ。交渉手段を得るためには、最初に報復措置を講じる必要がある」と述べた。

米国は6月1日、EU、カナダ、およびメキシコから輸入される鉄鋼・アルミニウムに対してそれぞれ25%、10%の関税を発動した。これを受け、欧州委員会も報復関税を実施している。

関連ニュース

「中国、EUが為替操作」トランプ氏が非難

日本とEU、経済連携協定に署名

タグ
貿易, 欧州, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント