18:48 2018年08月21日
米国は、11月4日までにイラン産原油の輸入を最小限にすることを望んでいる=ポンペオ国務長官

米国は、11月4日までにイラン産原油の輸入を最小限にすることを望んでいる=ポンペオ国務長官

© AP Photo / Ebrahim Noroozi
経済
短縮 URL
0 18

米国は、イラン産原油の輸入について、各国と協力して11月4日までに限りなくゼロにするとの目標を掲げた。22日、ポンペオ米国務長官が、カリフォルニア州シミバレーにあるロナルド・レーガン記念図書館で演説した際に明らかにした。

スプートニク日本

ポンペオ氏は「我々の運動の基本路線は、イランの銀行及びエネルギー部門に対する制裁の再開だ。ここ数週間で説明したように、我々はイラン産原油の輸入国と協力して、その輸入を11月4日までに限りなくゼロに近づけることに集中している」と指摘した。

ポンペオ氏はまた、最近米国がEUと協力して、イランに「数百万ドル」を送り込むことを可能としていた違法チャンネルをブロックしたことを明らかにした。

ポンペオ氏は「今後さらに増える」と指摘した。

関連ニュース

「マフィア」のようなイラン政権 米国務長官

タグ
経済, 米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント