10:56 2018年10月24日
ドナルド・トランプ米大統領

米ホワイトハウス、反レバノン勢力に対する制裁延長を発表

© REUTERS / Carlos Barria
経済
短縮 URL
117

ドナルド・トランプ米大統領は、反レバノン勢力に対して2007年に導入した制裁をさらに1年間延長する意向を明らかにした。米ホワイトハウスが伝えた。

スプートニク日本

米国側はレバノンにおける主権や民主主義の侵害、政治的動機に基づく暴力、ならびに同国におけるシリアの影響力増大に関与するものが制裁の対象であると主張している。

米、8月にもイラン攻撃か
© Sputnik / Alexei Vitvitsky
トランプ氏によると、制裁延長の理由はイランによるイスラム教シーア派集団「ヒズボラ」への武器供給。同氏はまたイランがレバノンの同胞に「高度な武器」を供給していると指摘する。

米国はイランのシリア、およびレバノンにおける影響力の弱体化を狙っており、同集団をテロ組織に認定している。

関連ニュース

レバノン女性警官、制服にホットパンツを採用【動画】

米軍、イスラム過激派打倒へレバノン軍支援

タグ
テロ, 制裁, ドナルド・トランプ, レバノン, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント