14:45 2018年08月19日
石油

原油価格、貿易リスク継続でわずかに変動

© Fotolia / marrakeshh
経済
短縮 URL
0 01

原油価格が30日、世界的な貿易リスクの継続を背景に、一様ではない値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間14時04分の時点で、北海ブレント原油先物10月限の価格は0.03%高の1バレル=74.78ドルまで値上がりした。なお先の取引では下落していた。WTI原油先物9月限の価格は0.29%高の1バレル=68.89ドルまで上昇した。

米中貿易摩擦に関する最新ニュースが引き続き投資家の気分に影響を与えている。

米国家経済会議(NEC)ラリー・クドロー委員長は26日、米国とEUは貿易分野における中国との戦いで力を合わせる計画だと発表した。同氏は、中国との交渉はすべて徒労に終わっており、取引締結に至らないと述べた。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント