23:40 2018年11月19日
世耕弘成経済産業相(アーカイブ)

世耕氏、雇用減のおそれと米政権けん制

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
経済
短縮 URL
225

世耕弘成経済産業相は3日、3日間の米中西部の視察の一環で、デトロイト近郊に位置するトヨタ自動車の研究開発拠点を訪問した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

世耕氏は、トランプ米大統領の保護主義的な政策で自動車に関係する企業から地元自治体など全関係者が不安を覚えていると指摘したうえで、雇用が減る恐れもあると指摘した。

トランプ政権は、自動車や関連部品の輸入制限措置を検討中。すでに鉄鋼製品やアルミニウム製品への追加関税導入を発動しているが、世耕氏は、日本製の鉄鋼は競争力があるため、「これまでは報復という手は取ら」なかったとけん制した。

関連記事

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 経済, 世耕弘成, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント