13:45 2018年11月21日
石油

国際原油価格が下落 API発表の米国内備蓄が予想外急増

© Fotolia / Tarasov_vl
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は15日、米国石油協会(API)発表の先週1週間の国内備蓄量が予想に反して急増したことに反応し、下落している。

スプートニク日本

日本時間14時02分現在でブレント原油10月先物価格は0.22%安の1バレル72ドル30セントに、WTI原油9月先物価格も0.48%安の1バレル66ドル72セントの値を付けている。

15日にかけての深夜、APIは8月10日までの1週間の米国内石油備蓄が370万バレル(0.9%)増の4億1110万バレルになったと発表した。米国内最大の石油備蓄を誇り、WTI値付けのベースとなるオクラホマ州クッシングの原油在庫は164万バレル急増した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント