09:28 2018年09月22日
クナシル

クナシル・シコタン両島、日本からの3回目となる実業視察団の到着に向け待機

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova
経済
短縮 URL
0 20

既に3回目となる日本のビジネス視察団の南クリル諸島(北方四島)への到着が、17日に実現するとみられている。ディーゼル船「えとぴりか」の根室港出港は、16日に予定されていたが、暴風を伴う天気によって妨げられた。

スプートニク日本

昨年と同じように、代表団を率いるのは長谷川榮一総理大臣補佐官。日本の外務省代表者らを含めた合計68人が代表団のメンバーとなっている。代表団はクナシル(国後)島に到着後、今後数年におけるクナシル島とシコタン(色丹)島での露日共同経済活動計画の5つの方面に応じて、5グループに分かれる。この5つの方面とは、農業、海産物養殖、エネルギー、固形日常廃棄物の利用、そして観光。日本側の専門家ら、及びこれに同行するロシア側の専門家らは、将来共同運営する施設の一連の建設用地を訪れる。これらの施設としては、温室栽培用の複合施設、ゴミ処理工場のほか、日本人観光客向けの有望なルートとしての南クリル諸島の自然の名所もある。

今回、ビジネス視察団によるイトゥルップ(択捉)島訪問は予定されていない。

関連ニュース

タグ
露日経済協力, 露日関係, 経済, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント