05:43 2018年12月10日
イーロン・マスク氏

マスクCEO、テスラ株式非公開化の意向断念と声明

© AP Photo / Noah Berger
経済
短縮 URL
0 11

スペースX、テスラ両社の最高経営責任者(CEO)を務める米国の企業家、イーロン・マスク氏が、投資家らとの会談後、テスラの株式を非公開化するとの意向を断念した。同社のブログに掲載されたマスクCEOの声明で述べられている。

スプートニク日本

マスクCEOの指摘では、同社に投資している投資家らの大多数が同社の地位を維持するとの決定に賛成したため、今回の決断に至ったという。

マスクCEOは8月初め、テスラを非公開化したいとの意向を発表。その後、自らの計画のための資金を既に確保したと述べ、サウジアラビアの「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」と株式買い付けに関する交渉を行っていることを確認していた。

関連ニュース

テスラ元社員、同社の社員盗聴を告発

アップル、元テスラ社員を大量採用

タグ
テクノ, 経済, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント