16:34 2018年09月23日
専門家の予測 原油価格は年末までに1バレル=55~60ドルまで下落の可能性

専門家の予測 原油価格は年末までに1バレル=55~60ドルまで下落の可能性

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
経済
短縮 URL
0 10

原油価格は2018年末から2019年初頭に1バレル=55~60ドルまで下落する可能性がある。多くは対イラン制裁が発動される可能性がある状況の進展に左右される。ロシア開発対外経済銀行のアンドレイ・クレパチ副頭取が、フォーラム「テクノプロム」で語った。

スプートニク日本

クレパチ氏は「そうだ、我々は(原油価格の)下落を予想している。今のところ原油価格は大方の予測や予想を上回っている。我々は、原油価格は50超~60ドルまで下がると考えており、問題は、対イラン制裁がどのように働き、イランの石油部門にどのように打撃を与えるのか、またおそらく可能性のある供給制限を補うと思われるサウジアラビアがどのように動くかだ。私は、原油価格は(1バレルあたり)55~60ドルまで減少すると考えている」と語った。

米国のポンペオ国務長官は、その原油輸出を制限する米国の対イラン制裁は11月に発動される可能性があることを明らかにした。

ポンペオ氏は先に、11月4日以降、イラン産原油の購入はすべて違法とみなされると発表している。

国際エネルギー機関によると、制裁後、イランの原油輸出は40~50%(日量120万バレル)減少する可能性がある。

関連ニュース

米、イランからの原油輸入停止を日本に要求との報道

国際原油価格はわずかな上下 イランをめぐる危惧感が影響

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント