11:18 2018年09月19日
原油、イランからの供給懸念で続伸

原油、イランからの供給懸念で続伸

CC0 / PIxabay
経済
短縮 URL
0 11

世界の原油価格は31日午前、米国による今後の対イラン制裁を原因とするイランからの段階的な輸出減少を背景に、僅かに上昇している。

スプートニク日本

日本時間13時45分の時点で、ブレント原油11月先物価格は0.02%上昇し1バレル78ドル03セント、WTI原油10月先物価格は0.04%上昇し1バレル70ドル28セントの値をつけている。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント