04:32 2018年09月21日
グーグル(アーカイブ写真)

グーグルによるクレジットカード追跡が発覚

© REUTERS / Dado Ruvic
経済
短縮 URL
1018

マスターカード社がグーグルに対し、ペイメントカード所有者が購入した品物に関する情報を明らかにしていた。両社間の取引に通じた複数の匿名筋の話として、ブルームバーグが伝えている。

スプートニク日本

ブルームバーグの情報によると、グーグルにとってアクセス可能となっていたのは、グーグルが表示する広告を見たユーザーによる現実の買い物を追跡するために不可欠な情報。

複数の筋は、グーグルがマスターカードに対して数百万ドルを支払ったと主張している。そのほか、個人情報の取引に通じた複数の人物は、広告による収入を分配する可能性を両社が議論していたと指摘。結果としてグーグルは、自社のビジネスと、販売大手であるアマゾンとの「戦争」を進めるために利用可能だった膨大な量の情報を取得したという。

専門家らは、秘密協定の一環としてこのような情報を引き渡していたことは、利用者の機密性を侵害した可能性があると主張している。

関連ニュース

トランプ大統領、グーグル・FB・ツイッターが政治的に偏りと非難

ツイッター、政治広告のルール厳格化へ 米議会選挙で

タグ
スキャンダル, Google, Master Card, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント