20:20 2018年09月23日
ビットコインが12%の暴落

ビットコインが12%の暴落

© Sputnik / Evgeniy Biyatov
経済
短縮 URL
0 20

ビットコインは6日、ゴールドマンサックスの仮想通貨先物取引デスク開設の一時中止のニュースを受け、12%以上も暴落している。

スプートニク日本

20か所以上の仮想通貨取引所の平均値を換算する「コインマーケットキャップ」では、日本時間15時37分の時点で12.43%安の6450ドルの値を付けた。最大の仮想通貨取引量を誇るビナンスで12.8%下落し、6440ドルとなっている。

5日、ビジネスインサイダーの消息筋情報で、ゴールドマンサックスが仮想通貨市場の調整は未だ不透明という見方を示したことが明らかにされた。ビジネスインサイダーは、ゴールドマンサックスのある幹部が仮想通貨取引を可能にするためにはさらに多くの追加措置を講じる必要性を指摘したと報じている。この人物は、そうした措置の多くは同銀行が講じることのできる範囲外のものだと語った。

関連ニュース

仮想通貨先物は一瞬の現象、それとも長期的視野?専門家たちの見解

専門家ら、本物のICOを詐欺プロジェクトから見分ける方法を語る

タグ
ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント