20:59 2018年09月19日
石油

原油価格の上昇をIEA予測 ベネズエラ、イラン産油減が原因

© AP Photo/ Charlie Riedel
経済
短縮 URL
101

国際エネルギー機関(IEA)はイラン、ベネズエラの産油量が減少する予測から原油価格は1バレル80ドルを超える可能性を指摘した。

スプートニク日本

IEAの専門家らの予測では、ベネズエラの日量産油量は、8月には124万バレルだった数値が年末までに100万バレルにまで落ち込む。輸出業者らが増産できない場合、値上がりは避けられない。

現在、OPECの産油量はフル稼働で生産した場合、日量270万バレル。そのうち60%を担うのがサウジアラビアだ。IEAは、ベネズエラ産、イラン産の原油に慣れている精製工場は産油地が変わった場合、困難に直面すると指摘している。

イラン、ベネズエラの2国は米国による制裁が発動されている。

関連ニュース

国際原油価格が上昇 イランからの輸出減への危惧感が残存

国際原油価格が下落 グローバル経済成長率鈍化の危惧を反映

タグ
経済, 石油, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント