22:54 2018年09月19日
北朝鮮の高麗航空(アーカイブ写真)

北朝鮮、中国大連との定期便を再開=聯合ニュース

© AFP 2018 / Ed Jones
経済
短縮 URL
0 90

北朝鮮は、首都平壌と中国遼寧省大連市を結ぶ定期航空便を再開した。韓国の聯合ニュースが15日、報じた。

スプートニク日本

北朝鮮の高麗航空の大連行き便は13日に出発し、70人の乗客を乗せて平壌に戻った。同路線は2006年から廃止されていた。週2回、木曜日と日曜日毎の運航となる。

高麗航空は7月、平壌と中国の西安市を結ぶ定期便を就航した。

現在、平壌行きの便は大連、北京、瀋陽、上海、西安の空港で運航している。6月には平壌・四川省成都の定期便の就航が発表された。

関連ニュース

北朝鮮軍事パレード、長年の間で初めて弾道ミサイル登場せず【写真】

ポンペオ国務長官、米国民の北朝鮮旅行禁止を延長

タグ
経済, 中国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント