01:28 2018年12月11日
ロシア製フリゲート(アーカイブ写真)

インド、ロシア製フリゲート4隻を購入の意向

© 写真: Leo1
経済
短縮 URL
0 91

インドは総額22億ドル(約2463億円)でフリゲート4隻を購入する契約をロシアと交わす意向だ。インド紙エコノミック・タイムズが報じた。

スプートニク日本

実現すれば、軍事協力分野における露印間の最大級の契約となる。署名はインドのデリーで予定するプーチン大統領とモディ印首相の首脳会談で行われる。同紙によると、双方は契約の細部を詰めている。購入するのは、タルワー級フリゲート。改良された多用途ステルス艦で、ミサイルの垂直発射装置を搭載する。

2隻はインド南部ゴアにある造船所で、残り2隻はロシア・カリーニングラードにある造船所「ヤンターリ」で、2年以内に作られる。

インドはルピーで支払う可能性がある。これは、米制裁によりロシアからの武器購入が難しくなり、インドはロシアの軍産複合体にドルを送金できないためだ。

プーチン氏は10月にインドを訪問する。

関連ニュース

インドは、米制裁の恐れがあるものの、露製S-400の購入を断念しない

ロシアは、S400のインドへの供給を2020年に開始する可能性がある

タグ
経済, インド, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント