22:28 2018年10月16日
石油

国際原油価格やや下落 米国石油協会の備蓄量に反応

© AP Photo /
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は19日、米国石油協会(API)の先週1週間の国内原油備蓄の発表後、わずかながらネガティブな値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間13時35分の時点でブレント原油11月先物価格は0.06%安の1バレル78ドル98セントに、WTI原油11月先物価格も0.03%安の1バレル69ドル57セントの値を付けている。

19日の市場では、API発表の9月14日までの1週間の米国内の商業備蓄が120万バレル増の3億9710万バレルに達したことに注意が集中した。市場関係者らはこのAPIの発表のあと、米エネルギー省が19日夜に出す公式的な数値を見守る姿勢を見せている。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント