09:05 2018年10月23日
仮想通貨

世界最大の日本の仮想通貨取引所の一つ、外国市場への拡大計画を断念

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
経済
短縮 URL
0 50

日本の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」が、セキュリティと取引に関する自社基準を改善させるため、他国への拡大計画を断念したと、同取引所・欧州拠点トップの増田力哉氏がスプートニクに対し明らかにした。

スプートニク日本

増田氏は、「正直に言って、今は拡大するための最良の時期ではない。

日本では、ビットフライヤーを含む全ての仮想通貨取引所が、レギュレーター(日本で仮想通貨分野の規制に携わる機関)から問い合わせを受けている。そのため、現在、我々の主要な優先事項は、我々の取引基準、セキュリティ基準、そして活動全体を改善させることだ。今は拡大するための最良の時期ではなく、我々の各優先事項に注意の力点を置きたいと我々は考えている」と英語で明らかにした。

ビットフライヤーは2014年1月に設立され、ポータルサイト「コインマーケットキャップ」のデータによると、その規模は取引量で世界27位。最近の30日間での取引量は、平均して13億300万ドルに上る。

関連ニュース

大阪の取引所「Zaif」から67億円分の仮想通貨が流出

タグ
経済, 仮想通貨・暗号通貨, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント