15:03 2018年10月24日
ビットコイン

ビットコインにぜい弱性発見 全ネットワークのダウンも可能

CC0
経済
短縮 URL
170

サイバーセキュリティの諸専門家が、ビットコインの暗号通貨システムのぜい弱性を指摘した。ぜい弱性を利用した攻撃は全ネットワークをダウンさせられる。サイト「Motherboard」が伝えるところ、こうした攻撃は、8万ドル(約9万円)で実行可能。

スプートニク日本

ぜい弱性により、通貨を採掘(マイニング)するマイナーは、取引を2度利用しようとする悪質なブロックを作成できる。ブロックとは、一定期間に行った取引データの単位で、ブロックチェーンを構成する。そしてこのブロックはネットワーク全体に広がっていき、ネットワークをダウンさせる可能性がある

このバグはビットコインのプロトコルではなく、コミュニティの約95%が利用するソフトウェア「Bitcoin Core」で発見された。

幸い、こうした攻撃は行われていない。ぜい弱性を発見した匿名の利用者は、「Bitcoin Core」の開発チームに、潜在的な脅威を報告した。

開発側はぜい弱性を修正し、新たなバージョンのソフトウェアをリリースした。

関連ニュース

仮想通貨リップルが30%超の高騰 ビットコインは6500ドル台

ウクライナの市場、仮想通貨による支払いが可能に

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント