09:03 2018年10月23日
小麦

ロシア産小麦の輸出は米国の農業従事者にとって脅威=WSJ

© Flickr/ Christian Schnettelker
経済
短縮 URL
0 170

ロシアの農業従事者は、穀物市場で米国の農業従事者との競争に勝っている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

スプートニク日本

WSJによると、昨年の穀物年度でロシア産小麦の輸出は約50%増加し、25年間で最大の4000万トンとなった。

またロシアは過去3年間で米国を2度抑えて小麦の最大輸出国になっている。

WSJは「ロシア側からの競争力の高まりは、1980年代以降最大の農業不況を経験している米国の農業にとってさらにもう一つの脅威である」と報じている。

WSJは、米中貿易摩擦を利用してロシアの農業従事者は世界市場におけるその地位を強化することができると指摘している。中国は米国産小麦に25%の関税を課した。スイスのSolaris Commodities社のスウィザン・スティル氏は、ロシアの農業従事者はまだそこから利益を得ることには成功していないが、ロシアの穀物の品質は向上し、安価であるため、それがなくても市場で競争することができると指摘している。WSJが報じた。

関連ニュース

露武器輸出社「『アルマータ』戦車も活用し、世界の兵器輸出首位の座を計画」

グルテン 健康マニアを怖がらせる「ホラー」に過ぎない?

タグ
経済, 露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント