22:26 2018年10月16日
石油

原油価格、米国の対イラン制裁発効に向け約1%上昇

© AFP 2018 / Karen Bleier
経済
短縮 URL
0 02

米国の対イラン制裁が11月上旬に発効にされた場合、イラン産原油の供給が減少するとの見通しから、27日、世界の原油価格が緩やかに上昇している。

スプートニク日本

日本時間13時54分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は0.95%高の1バレル=81.56ドルまで値上がりし、WTI原油先物11月限の価格は1.2%高の1バレル=72.43ドルまで上昇した。

11月上旬に予定されている米国による対イラン制裁の発効が、原油価格を積極的に支えている。

米国は5月、イランの核開発に関する合意から離脱、対イラン制裁を再開しており、エネルギー部門に対する制裁は11月上旬に発効する。米国は、イランからの原油輸出をゼロにするのが目標だと発表した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント