05:29 2018年10月16日
トランプ大統領(アーカイブ写真)

トランプ大統領 インド、日本が「即時の」貿易交渉の意思を表示

© REUTERS / Leah Millis
経済
短縮 URL
0 49

トランプ米大統領は1日のホワイトハウスの会見で、日本もインドも貿易協定の交渉を即時に開始する意思を表した事実を明らかにした。

スプートニク日本

日本のマスコミと英字新聞各紙によると、日本とインドがそれぞれトランプ大統領に対して、「すぐに交渉したい」と意思表示をした。

また、東京新聞によると、トランプ大統領は日本に関し、「もし交渉しなければ、日本車にかなりの関税をかけることになる」と述べた。

エコノミック・タイムズ紙の報道では、トランプ大統領はインドを「関税のキング」と呼び、「インドは我々(米国)の満足感を維持せねばならない。なぜなら事の次第を我々がちゃんと把握していることをインドは悟ったからだ」とする見解を表した。

トランプ氏は、インドが現在、米国輸入品に対してしいている制限は「不公平」と補足している。トランプ氏は例として、ハーレーダビッドソン社のオートバイに対して100%の関税がかけられていることを挙げ、「これはバリアにしてはあまりに高い。誰が買うというのだ?」と疑問を呈した。

この上でトランプ大統領は、インドの首相はこうした高い関税を「非常に著しく」下げたいと欲していると語っている。

関連ニュース・記事

タグ
びっくり, 経済協力, 経済, 戦争・紛争・対立・外交, ドナルド・トランプ, 日本, インド, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント