22:26 2018年10月16日
ロシアのチョコレート

ブルームバーグ、ロシアにおけるチョコレート消費量の増加によるカカオ不足を予想

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 11

ロシアにおけるチョコレート消費量の急増により、世界市場では10月にもカカオ不足が生じる可能性がある。通信社ブルームバーグが報じた。ロシアのチョコレート消費量は伸び率が9.2%と、世界の伸び率2.5%の約4倍となっている。

スプートニク日本

スイスのチューリッヒに本社を置くチョコレート会社バリーカレボー(Barry Callebaut)のマネージャー、マッシモ・ハラヴァリヤ氏は「ロシアのチョコレート市場は成長を続けると予想している。これは世界中のカカオ豆の需要を明らかに増加させている」と語っている。ブルームバーグが報じた。

ハラヴァリヤ氏によると、製造業者はチョコレート味の菓子、アイスクリーム、乳製品の種類を増やしている。

ブルームバーグは、過去2年間で市場は過剰生産の危機に直面し、これがカカオの国際価格の低下を引き起こしたが、2018年下半期は傾向が変わり、市場は約5万トンの「少量の不足」を予想しているという。

関連ニュース

生物学者「ダークチョコレート、視力を改善」

お祈り? 寝てる? 有名ロシア菓子職人の調理マスタークラスに来た日本人の謎の表情 ネットは大騒ぎ

タグ
食べ物, びっくり, 経済, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント