15:22 2018年12月17日
石油

原油価格、イラン産原油の購入者に対する制裁条件緩和の可能性を受け、下落

© AP Photo/ Charlie Riedel
経済
短縮 URL
0 80

米国当局が原油に関する制裁で複数の購入者に対してイラン産原油の輸入条件に例外を設ける可能性を検討しているとの報道を受け、世界の原油価格が8日、約1%下落している

スプートニク日本

日本時間14時29分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は、0.99%安の1バレル=83.33ドルまで下落、WTI原油0.71%安の1バレル=73.81ドルまで値下がりした。

市場参加者は8日、ロイター通信の報道に注目した。ロイターは、米国が11月に予定しているイランに対する原油に関する制裁の枠組みの中で、例外として、複数の原油購入者に対するイラン産原油の輸入条件を緩和する可能性を検討していると報じた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント