05:25 2018年10月16日
ロンドン

日本企業、パナソニックに続き、Brexit後に欧州本社を別の国に移転する方針

© AFP 2018 / Odd Andersen
経済
短縮 URL
0 40

日本の大手企業は、英国のEU離脱(Brexit)後に欧州本社をロンドンから他のEU諸国に移転する方針。英フィナンシャル・タイムズ紙は、9月に欧州本社を英国からオランダへ移転すると発表したパナソニックの例に他の日本企業も触発されたと報じている。

スプートニク日本

パナソニックは、Brexitに関連した不確実性を本社移転の主な理由とした金融業界以外で初の日本企業。

最も重要な要因の1つは、本社がロンドンに留まり、他の欧州諸国の支社からの配当やその他の収入を受け取った場合、日本企業の税負担が増加する可能性があることだ。

現在、英国の法人税は20%だが、2020年以降は減少する。日本の法人税は30%。英国はタックスヘイブンと見なされる可能性があるため、日本政府が英国に残った企業に追加要件を課す可能性がある。

関連ニュース

英、経済大国の5指から外れる

タグ
経済, 日本, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント