21:38 2018年12月19日
メキシコ

メキシコ外相「USMCAは第三国との関係を害するものではない」

© Fotolia / Jkraft5
経済
短縮 URL
0 20

ドナルド・トランプ米大統領は10月1日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の妥結を発表した。これを受けてメキシコのビデガライ外相は、NAFTA新協定(USMCA)への合意は第三国との関係を害するものでないとの見方を示した。

スプートニク日本

メキシコ外務省は、「ビデガライ外相は、USMCAが定める規定はどれもメキシコが独立して維持する第三国との二国間貿易にとっての障壁とはなりえないとしている」との声明を出した。

米国、カナダ、およびメキシコは先月30日、3カ国間の貿易協定維持に合意した。トランプ大統領は「大統領貿易促進権限(TPA)法」のスケジュールに基づき、11月末までにUSMCAの協定文書に署名する予定。今後は各国におけるUSMCAの議会通過が必要となる。新たな枠組みにおいては、年間1兆ドル規模の域内貿易が見込まれる。

関連ニュース

中国、預金準備率引き下げへ 人民元は大幅下落

安倍首相 英国のTPP入り「心から歓迎」 FT紙

タグ
メキシコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント