10:33 2018年11月13日
米国の原油在庫及び生産量に関する統計を受け、原油価格が変動

米国の原油在庫及び生産量に関する統計を受け、原油価格が変動

© Sputnik / Evgeny Biyatov
経済
短縮 URL
0 20

18日、原油価格は、米エネルギー省の在庫及び生産量に関する統計の発表を受け、変動している。

スプートニク日本

日本時間14時41分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は、0.07%安の1バレル=79.99ドルまで下落、WTI原油先物11月限の価格も0.07%安の1バレル=69.70ドルまで値下がりした(前日、9月21日以来初めて70ドル台を下回った)。

原油価格は高いボラティリティ(変動性)を示している。18日の以前の取引では、両銘柄ともに上昇した。なお17日夜は2~3%下落した。

米エネルギー省は17日、10月12日までの1週間の米商用原油在庫(戦略備蓄除く)が650万バレル増加し、4億1640万バレルになったと発表した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント