10:34 2018年11月13日
石油

国際原油価格が下落 米国内備蓄増量が影響

© Fotolia / Tarasov_vl
経済
短縮 URL
0 30

国際原油価格は25日も、前日の米国内備蓄の増量の発表を背景に生じたネガティブな値動きを維持している。

スプートニク日本

日本時間13時36分、ブレント原油12月先物価格は0.64%安の1バレル75ドル68セントに、WTI原油12月先物価格も0.79%安の1バレル66ドル29セントの値を付けている。

米国の先週の商業備蓄は、アナリストらの370万バレル増の予測をはるかに上回り、630万バレル増加していたことが明らかにされた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント