23:40 2018年11月20日
石油

国際原油価格は不均等な動き 米国内採掘状況とイランの声明に反応

© AP Photo / Hasan Jamali
経済
短縮 URL
0 01

国際原油価格は29日、米国の週間稼働リグ台数の統計発表とイランの声明に反応した値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間13時53分の時点でブレント原油12月先物価格は0.01%安の1バレル77ドル66セントの値を付けた。同日午前の取引では一時78ドルまで値上がりしていた。WTI原油12月先物価格は逆に0.15%高の1バレル67ドル69セントの値を付けた。WTI原油は同日午前の取引では一時67ドル47セントまで下落していた。

週明けの29日、投資家らは先週金曜に発表されたBHGE社の稼働リグ台数の増加に反応している。10月26日までの1週間で同社の稼働リグ台数は2機増えて875台となっている。

一方で市場ではイランのジャハンギリ副大統領の声明にも注目が集まっている。ジャハンギリ副大統領は近日中にも発効する米国の対イラン制裁によって同国の原油輸出量は日量100万バレルを下回ることはないと述べていた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント