21:33 2018年11月20日
ビジネス

露、ビジネス環境格付けで日本を上回る

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 80

世界におけるビジネス実施環境に関する新たなランキング「ビジネス環境の現状2019年版」で、ロシアは31位を占め、39位だった日本を追い抜いた。

スプートニク日本

ロシアは近年の上昇傾向(昨年は35位、一昨年は40位)を維持し、「電力事情(配電網への接続の容易さ)」と「不動産登記」で12位、「契約執行」で18位となり、この3指標で改善を示すことができた。ロシアはまた、BRICS諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)の中で最上位となり、ユーラシア経済同盟に加盟している国々の中ではカザフスタン(28位)に次いで2位だった。

一方、「2020年までに先進国3位以内」との目標を掲げる日本は、「破綻処理」で1位になったものの、「納税」で97位となるなど低い評価が目立つ結果となった。また、日本は前年より順位を5つ落とした。ロシアが改善を示した「電力事情」「不動産登記」「契約執行」の各項目では、それぞれ22位、48位、52位だった。

ランキングで首位となったのはニュージーランド。2位にはシンガポール、3位にはデンマークが入った。その後には香港、韓国、ジョージア、ノルウェー、米国、英国とマケドニアが続いている。

関連ニュース

タグ
びっくり, 経済, 番付・ランキング, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント