12:42 2018年11月14日
石油

国際原油価格が微妙な変化 OPEC+減産の検討開始に反応

© 写真 : Pixabay
経済
短縮 URL
0 01

国際原油価格は8日午前、石油輸出国機構(OPEC)と主要非加盟産油国(OPEC+)が来年2019年の減産の可能性について話し合うという発表に反応し、多少の変化を見せている。その一方で米エネルギー省が発表した先週1週間の国内備蓄量の増加が値上がりに歯止めをかけている。

スプートニク日本

日本時間13時40分の時点でブレント原油1月先物価格は0.01%高の1バレル72ドル07セントに、WTI原油12月先物価格も0.1%高の1バレル61ドル73セントの値を付けている。

先のブルームバーグの報道によれば、に、OPEC+は、11月11日にアラブ首長国連邦のアブダビ市で開かれる共同閣僚監視委員会の会合で、減産の可能性を含むOPEC+の2019年の行動の選択肢について議論する。

国際原油価格は7日、米国石油協会(API)発表の先週1週間の国内原油備蓄が間断なく増加したことを受けて、下落していた。

タグ
経済, 石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント