11:59 2018年12月13日
リップル、日本とブラジルを支払いシステムに接続へ

リップル、日本とブラジルを支払いシステムに接続へ

© Depositphotos / Melpomene
経済
短縮 URL
0 21

ブロックチェーン企業のリップルが、越境支払い提供サービスを発展させ続けている。同社が最近達成した成果は、日本とブラジルの間の支払い実施の緩和だ。

スプートニク日本

日本のメガバンク「三菱UFJ銀行」の子会社「MUFGブラジル」は、ブラジルの「ブラデスコ銀行」とのパートナー計画の開始を発表。共同事業の目的となるのは、両国間の越境支払いシステムの発展だ。

越境支払いシステム創設に関するブラジルと日本の間の合意は、グローバルな支払いネットワーク「リップルネット」を利用する200件を超えるパートナープロジェクトに合流することになる。

関連ニュース

「ビットコインは金脈」=米大手投資銀行

ビットコインは、あと1年半は下落を続ける。銀行でさえ救えない

タグ
ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント