16:36 2018年12月13日
原油 (アーカイブ写真)

原油価格、OPEC減産の見通しを背景に上昇

© Sputnik / Boris Babanov
経済
短縮 URL
0 11

世界の原油価格が16日、石油輸出国機構(OPEC)による減産の見通しを背景に上昇している。一方、米国の統計が上昇を抑えている。

スプートニク日本

日本時間13時57分の時点で、北海ブレント原油先物1月限の価格は0.84%高の1バレル=67.17ドルまで上昇、WTI原油先物12月限の価格は0.74%高の1バレル=56.88ドルまで値上がりした。

取引参加者は、OPECが世界市場におけるその供給過剰の兆候を背景に減産を開始すると楽観視している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント