19:43 2018年12月19日
石油

原油価格、約1~2%下落 供給過剰懸念

© Fotolia / Calin Tatu
経済
短縮 URL
0 10

世界の原油価格が23日、著しく下落している。

スプートニク日本

投資家らは依然として、産油国の生産量及び在庫の増加を背景に、世界的な供給過剰を懸念している。

日本時間13時46分の時点で、北海ブレント原油先物1月限の価格は、1.04パーセント安の1バレル=61.95ドルまで下落、WTI原油先物1月限の価格は、2.49%安の1バレル=53.27ドルまで値下がりした。

原油市場では今も、世界経済が減速する見通しを背景に、原油生産量が消費量を上回る恐れが主なマイナス要因となっている。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント