12:01 2018年12月13日
日産

日産自動車、12月17日に新会長選出ーメディア報道

© Sputnik / Vladimir Pesnya
経済
短縮 URL
0 21

時事通信によれば、日産自動車が有価証券報告書に自らの報酬を少なく記載した疑いで逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者の後任会長を選出する取締役会を、12月17日に開催する方向で調整している。

スプートニク日本

新会長は西川広人社長を軸に選定が進むとみられる。

日産自動車は今月22日、ゴーン会長の解任を決めていたが、27日には三菱自動車も日産自動車に引き続き、同会長の解任を全会一致で決定した

ゴーン容疑者は19日、有価証券報告書に自らの報酬を少なく記載した疑いで逮捕された。

2010年から2017年の8年間に渡り、80億円が記載されなかったと見られている。東京地検特捜部は、ゴーン容疑者が自らケリー容疑者に報酬を隠すよう支持していたとの疑いを持っている。

関連ニュース

日産ゴーン前会長、容疑を否認

ゴーン前日産会長、意図的な報酬隠しを否認=NHK

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント