12:04 2018年12月13日
石油

原油価格、世界的供給の過剰懸念で下落

© AFP 2018 / Karen Bleier
経済
短縮 URL
0 10

世界の原油価格は27日、市場における原油過剰リスクに対する懸念が維持されていることを背景に、前日の修正の後に再び下落した。

スプートニク日本

日本時間13時52分の時点で、ブレント原油2月先物価格は0.03%下落し1バレル60ドル54セント、WTI原油1月先物価格は0.17%下落し1バレル51ドル50セントの値をつけている。

26日の原油市場における修正の値上がりの後、投資家らは再び、採掘と在庫の拡大や需要の伸びの減速を背景とした原油の過剰供給のリスクを巡る不安に反応している。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント