01:13 2018年12月19日
IMF

日本経済は40年で25%超縮小 IMFが分析予測を発表

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
経済
短縮 URL
2122

国際通貨基金(IMF)は日本経済がこの先40年で25%縮小する分析予測を発表した。

スプートニク日本

28日に発表された日本経済に関する年次審査報告書には、人口老齢化、縮小でGDPが25%超縮小する恐れが指摘されている。

日本は深刻な人口老齢化問題を抱えており、現在、国は外国人労働者の滞在条件を緩和する方向に動いている。IMFはこの政策に加えて、女性、高齢者の労働参画を拡大し、人口減少による経済への悪影響を和らげるよう促している。

また来年に予定されている消費税率の引き上げについては、財政面の影響緩和策を打ち出し、十分な対応を行わねば、「消費や投資の急変動につながりかねない」と指摘している。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント