21:36 2018年12月11日
夜のカタール

カタールがOPEC脱退へ

© Fotolia / Kingslyg
経済
短縮 URL
0 110

カタールが、2019年1月1日より石油輸出国機構(OPEC)を脱退する意向を表明した。同国サード・シェリダ・アルカービ(Saad Sherida al-Kaabi)エネルギー・産業相が記者会見で表明した。

スプートニク日本

アルカービ・エネルギー・産業相によれば、OPECにはすでに通知を行なったという。

アルカービ・エネルギー・産業相は、カタールは今後、天然ガスの採掘とLNG(液化天然ガス)の生産増加に集中する計画だと強調した。

OPECは、石油産出枠を管理するため、石油生産国によって創設された機関で、15カ国が加入している。

関連記事

原油価格 100ドル対50ドル

タグ
OPEC, カタール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント