20:12 2018年12月17日
ロイター通信

ロイター通信 12%の人員カットへ

© AP Photo / Eric J. Shelton
経済
短縮 URL
0 10

大手情報企業「トムソン・ロイター」社は事業最適化および作業効率アップを図るため、2020年までに3200人の社員解雇を行う。

スプートニク日本

3200人という解雇人員数は「トムソン・ロイター」社の全社員の12%に相当する。この他、同じく2020年までにオペレーション支出を最高で収益の7-8%にまで縮小する構え。現時点でこの数値は20%を占めている。このほか年間の販売収益を今より3.5-4%拡大を図る。ロイター通信は世界でも大手の通信社。

2008年に大手情報サービスのトムソン社に買収され、社名が「トムソン・ロイター」社に変更された。

関連ニュース

日本や他の国々で政府が労働時間を短縮しても、皆が喜んでいるというわけではないのは何故か?

支払い無いが経済損失あり 元徴用工の賠償請求の結末は?

タグ
経済, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント