03:57 2018年12月17日
裁判所

フランス、価格共謀に対し家電メーカー6社に約2億1400万ドルの罰金を科す

© Fotolia / Andrey Burmakin
経済
短縮 URL
110

フランスの独占禁止当局は、共謀して価格を吊り上げていた大手家電メーカー6社に1億8900万ユーロ(約2億1400万ドル)の罰金を科したと発表した。

スプートニク日本

独占禁止当局によると、冷蔵庫、キッチン用コンロ、洗濯機、食器洗い機などを製造している米国のワールプール、スウェーデンのエレクトロラックス、ドイツのBSH、イタリアのカンディ・フーバーとインデシット、そしてフランスのエーベルハルト・フレールの6社は、小売価格を引き上げるために共謀した。

カルテルは、メーカーの知名度により市場の大部分を占めたが、共謀の影響はアジアの競争相手であるサムスンやLGの成長によって軽減された。

例えば2008年、6社は200ユーロ未満の商品に対しては価格を20ユーロ、400ユーロ以上の商品に対しては50ユーロ引き上げることで合意したという。

関連ニュース

テスラ車オーナー、駐車代逃れの抜け道を考案【動画】

フェイスブックに7200万円罰金 英国

タグ
経済, 事故, 裁判所, 事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント