01:59 2019年01月19日
原油 (アーカイブ写真)

原油価格、2017年秋以来の安値をつけた後、上昇

© Sputnik /
経済
短縮 URL
0 01

19日、原油価格が前日の大幅下落後、調整局面に入り、上昇している。原油価格は18日、市場の過剰供給懸念を背景に急落した。

スプートニク日本

日本時間13時42分の時点で、北海ブレント原油先物2月限の価格は0.34%高の1バレル=56.45ドルまで値上がりし、WTI原油先物2月限の価格は0.15%高の1バレル=46.67ドルまで上昇した。

18日、原油の生産量と在庫量の増加を念頭に置いた世界市場における過剰供給のリスクに関する投資家の懸念を背景に、ブレント原油は約6%、WTI原油は約6.5%下落し、2017年秋以来の安値をつけた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント