09:49 2019年09月19日
原油

原油価格、短期的な上昇後、再び下落

Коллаж РИА Новости
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

世界の原油価格は20日、前日の上昇後、原油過剰供給リスクに関する懸念から再び下落した。

スプートニク日本

日本時間14時01分の時点で、北海ブレント原油先物2月限の価格は1.82%安の1バレル=56.19ドルまで値下がりし、WTI原油先物2月限の価格は2.24%安の1バレル=47.09ドルまで下落した。

19日、両銘柄は前日約5%下落した後、調整を背景に短期的に3%以上上昇した。

一方20日、市場は再び米国の原油在庫及び生産量の増加や世界経済の成長率減速の兆候を背景にした原油過剰供給リスクに関する懸念に反応している。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント