06:36 2019年04月20日
経済

2019年、米経済は景気後退の瀬戸際に立つ可能性がある

© 写真 : cosma
経済
短縮 URL
0 14

世界最大級のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」によると、2019年の米経済成長率は「ほぼ景気後退を意味するまで減速」し、米国企業の利益は大幅に減少する可能性がある。

スプートニク日本

「ブリッジウォーター・アソシエイツ」のグレッグ・ジェンセン共同CIOはロイター通信のインタビューで、米国株式市場はまだ米経済の急激な冷え込みのシナリオを検討していないが、2019年にもそのよう状態になる可能性が十分あるとの見方を示した。

ジェンセン氏によると、「ブリッジウォーター・アソシエイツ」の専門家らは、2019年の米GDP成長率は1%を超えないと予想している。ジェンセン氏は、米経済成長率の低下は必ず世界経済に影響を及ぼすと述べ、経済成長の鈍化に伴い、利益の減少は経済の鈍化よりもさらに著しくなると強調している。

経済成長が低い時には、さまざまな国の中央銀行も深刻な問題に直面することになる。ジェンセン氏は、おそらく各国の中央銀行は、金融政策を現在の引き締めから緩和へ転換することになるだろうとの見方を示した。

関連ニュース

人工知能の分野で中国がアメリカを追い抜く可能性

日本、国際捕鯨委員会から脱退の可能性

タグ
経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント