18:16 2020年02月18日
経済
短縮 URL
0 40
でフォローする

世界の原油価格は、およそ1%の下落から2019年をスタートさせた。この背景には、世界経済の成長減速と原油の供給過剰リスクに関する懸念がある。

スプートニク日本

日本時間19時46分の時点で、ブレント原油3月先物価格は1.12%下落し1バレル53ドル20セント、WTI原油2月先物価格は0.97%下落し1バレル44ドル97セントの値をつけている。

2018年全体では、WTI原油はほぼ25%、ブレント原油はおよそ20%値下がりしていた。

原油価格関連のニュースはこちら

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント