11:15 2019年05月23日
Huawei

米検察が刑事捜査開始 ファーウェイに企業秘密窃取の疑い

© Sputnik / Kirill Kallinikov
経済
短縮 URL
0 52

米検察当局は、中国の華為技術(ファーウェイ)が提携企業から米携帯大手「TモバイルUS」の企業秘密を盗んだ疑いで刑事捜査を進めている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

スプートニク日本

盗まれた疑いがあるのはTモバイルが保有するロボティックデバイスに関する技術で。同技術はスマートフォンのテストに利用されている。

WSJによると、今回の刑事捜査が開始された一因として、Tモバイルが2014年にファーウェイを相手に起こした民事訴訟が指摘されている。Tモバイルは当時、携帯電話の品質管理テストのため「タッピー」と呼ばれる試験ロボットを開発・利用していた。ファーウェイ社員はタッピーの部品を持ち出した容疑を認めたものの、企業秘密の窃取には当たらないと反論した。

トランプ政権からのファーウェイへの圧力は高まりを見せている。カナダ当局は昨年12月、米国の要請によりファーウェイの孟晩舟最高財務責任者(CFO)をバンクーバーにて逮捕した。また、12日にはポーランド支社の幹部、王偉晶容疑者がスパイ容疑で解雇されている。

関連ニュース

英国防省、5Gネットワーク導入におけるファーウェイの参加を懸念

中国、カナダに「深刻な結果」と警告 ファーウェイCFO逮捕で=外務省

在カナダ中国大使館、華為技術CFO逮捕に断固抗議 「重大な人権侵害」

タグ
捜査, テクノ, 事件, 戦争・紛争・対立・外交, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント