13:22 2019年05月26日
原油

国際原油価格が上昇 OPECの産油量減に反応

Коллаж РИА Новости
経済
短縮 URL
0 02

国際原油価格は18日午前、OPEC加盟国の12月の産油量が減少との発表を背景に値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間13時44分の時点でブレント原油3月先物価格は0.9%高の1バレル61ドル73セントに、WTI原油2月先物価格は1.09%高の1バレル52ドル64セントの値を付けた。

18日の市場では取引開始からOPECの毎月の産油量発表で供給過多への危惧感が下り、楽観的な反応が示されている。OPECの発表によれば、昨年末の12月の産油量は日量78万バレル減で日量3157万8千バレルの10月のレベルに戻った。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント