13:29 2019年05月26日
仮想通貨

日本「デジタルガレージ」 初の円建て仮想通貨のテスト始動

© Fotolia / Merlin74
経済
短縮 URL
マリアム バグダサリャン
0 02

日本の「デジタルガレージ」社は日銀の管理するサンドボックス制度上で円建てのステイブルコインのテストに乗り出す。

スプートニク日本

ステイブルコインとは法定通貨または金や石油の備蓄を担保とする仮想通貨で交換レートのブレ幅は通常の仮想通貨よりも小さい。

デジタルガレージの子会社のスタートアップ・クリプトガレージは仮想通貨を基礎に金融サービスを開発しているが、今回日本の内閣府が監督するサンドボックス制度の枠内で初のブロックチェーン、金融プロジェクトを行う認可を獲得した。

プロジェクトの枠内ではプラットフォーム「セトルネット」が始動する。クリプトガレージのプレスリリースによれば、セトルネットはあらゆる決済を行い、円建てのステイブルコインを発行する。

このステイブルコインはビットコイン建てのリキッドビットコイン(L-BTC)とペアで取引される。

プロジェクトのテスト期間は1年。取引の参加条件は日本の国内通貨取引所のライセンスを持った仮想通貨に限定されている。

関連ニュース

日本の仮想通貨、仮想通貨取引所、ICOの規制はどのようになっているのか

専門家ら、本物のICOを詐欺プロジェクトから見分ける方法を語る

タグ
仮想通貨・暗号通貨, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント