04:23 2019年04月20日
石油

原油価格、OPEC減産で引き続き上昇

© AP Photo / Hasan Jamali
経済
短縮 URL
0 0 0

世界の原油価格は13日、石油輸出国機構(OPEC)が1月に大幅減産を実施したとの情報を背景に上昇を続けている。

スプートニク日本

日本時間13時44分現在、北海ブレント原油先物4月限の価格は0.99%高の1バレル=63.03ドル。WTI原油先物3月限の価格は0.98%高の1バレル=53.62ドル。12日、原油価格は3%上昇した。

原油市場における投資家らの楽観的見方は、12日に発表されたOPECの報告書に関連している。OPECの1月の産油量は、前月から日量79万7000バレル減の3081万バレルだった。これは主にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェート、アンゴラの減産によるもの。

またOPECは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成するOPECプラスの新たな合意実施の1カ月目に、合意条件の86%を満たした。OPECの発表は、世界市場における原油過剰供給に対する懸念を軽減した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント