06:22 2019年03月22日
原油

国際原油価格が上昇 昨秋に達成の最高値近くで取引 OPEC産油縮小が影響

© AP Photo / Hasan Jamali
経済
短縮 URL
0 02

国際原油価格は15日、上昇している。OPEC加盟国の産油量縮小を背景に、ブレント原油は2018年秋、11月に達した最高値付近にとどまっている。

スプートニク日本

日本時間13時44分の時点でブレント原油4月先物価格は0.63%高の1バレル64ドル98セントの値を付けている。同日15日、2018年11月20日以来の最高の1バレル65ドルにまで達していた。WTI原油3月先物価格も0.57%高の1バレル54ドル72セントにまで上昇している。

15日の市場はOPECの産油量縮小など今週にこれまで発表された数値に対して、依然として楽観的な反応を示している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント