22:31 2019年03月22日
京セラ、ブロックチェーンを基盤とした仮想発電所の運転をテストへ

京セラ、ブロックチェーンを基盤とした仮想発電所の運転をテストへ

CC BY 2.0 / Gabriel / Kyocera
経済
短縮 URL
0 23

日本のハイテク企業「京セラ」と米国のスタートアップ企業「LO3 Energy 」は25日、共同でプレスリリースを配信し、ブロックチェーンを基盤に機能する仮想発電所の運転をテストする共同実証を行うと発表した。実証は2月28日から開始される。

スプートニク日本

仮想発電所は、ソーラーパネル、エネルギー貯蔵装置、そして活発な消費者がその役割を担う分散型エネルギー資源のネットワークで構成される。

ピア・ツー・ピア(P2P)のプラットフォームは、同ネットワークの参加者が独立して電力の交換を行うことを可能とする。

先に日本の当局は、デジタル技術を使って再生可能エネルギーの生産と配給を行う「スマート」エネルギーネットワークの導入に関するイニシアチブを承認した。

パイロットプロジェクトは、日本国内および世界中の既存の電力網の効率を高める新たな方法の開発を可能とする。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント