06:19 2019年06月27日

原油価格、昨年秋以降の高値水準で取引 OPECプラスの合意延長への期待で

© AP Photo /
経済
短縮 URL
0 0 0

22日、原油価格は下落しているが、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」が2019年末まで合意を延長することへの期待を背景に、昨年11月以降の高値水準を維持している。

スプートニク日本

日本時間13時46分の時点で、北海ブレント原油先物5月限の価格は0.21%安の1バレル=67.72ドル。

WTI原油先物5月限の価格は0.23%安の1バレル=59.84ドル。

22日、米中貿易関係に関する懸念が原油価格に圧力をかけている。米中の最終的な貿易協定調印の見通しは未だ不透明であり、両国の新たな不満や要求に関する報道もなされている。

一方、原油価格は下落しているものの、OPECプラスの合意維持を背景に、昨年11月以降の高値水準を維持している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント